自己アピールにとても重要な名刺はポイントを押さえて作成

Business card

相手に印象付ける名刺作成

名刺を見せる

PRのツールとして最高のアイテムとなる名刺。名前や役職、連絡先など自分の情報を知ってもらう為の大切なアイテムです。また名刺は必ず相手に受け取ってもらえる「広告」となる為自分オリジナルの名刺を渡すことで相手に印象付ける事が出来るでしょう。仕事が成功するきっかけにらる事や新しいビジネスチャンスが訪れる可能性も大いにあります。名刺交換は異業者との交流に繋がる事や人脈を増やすことが出来るためとても意味のある事です。
ではそのような重要となる名刺作成ですが、ビジネスのシーンではスタンダードなホワイトの名刺が多いです。厚みがあったりオリジナルの加工を行う事で文字やイラストなどがにじみにくく、耐久性や耐水性に優れている用紙が人気です。
少し変わった名刺で印象付けたいという方にオススメなのは透明のフィルムで作成する名刺やメタリックや、つやが出る素材で作成する事です。カラフルな名刺を作成して目立たせることが出来ます。
さらに一工夫加えるとしたら裏面をメモ欄に印刷する事です。メモ欄に印刷をすることでメッセージを書いてお渡しする事ができたり、先方の方が不在のときでも挨拶を残すことができ、連絡事項を名刺と一緒にお伝えする事が出来ます。

自分でできる名刺作成とは

ビジネスのシーンで欠かせないアイテムの一つとして名刺があります。名刺はただの一枚の紙に過ぎませんが、この一枚の紙がときとして大きな商談へとつながることもあるので決して軽く見てはならない存在です。ただ、一般的に名刺は会社が作成し社員に支給されるものが大半なので他人とは違った個性を発揮することができず、たくさんの名刺の中から自分のものが目立つということは難しく埋もれてしまいがちなのが難点です。しかし、名刺作成を自分ですれば他の人たちの名刺には感じることのできない個性を発揮させることができます。
自分なりの名刺作成は誰よりも印象に残りやすい名刺をつくる最高の手段なのです。現在は名刺作成ソフトやレイアウトソフトなども充実しており、その扱い方も初心者でも簡単にできるようになっています。これらのソフトを駆使して名刺作成をすれば自分の個性を発揮できる、誰の目にも印象に残る名刺を作ることができるのです。
もちろん、名刺作成専門の業者に依頼をすればデザインやレイアウトに凝った名刺を簡単に作成することができますが、その料金は決して安くはありません。少しでもコストを抑えて印象に残る名刺作成をしたいのならば自分で名刺の作成にチャレンジしてはいかがでしょうか。

シンプルで見やすい名刺を心がける

シンプルで見やすい名刺を作成する事を心がけましょう。名刺は様々な情報を載せたくなってしまいますが、あまりにも情報があると、見にくいと感じられてしまいます。名刺交換をした事がある人は分かりますが、シンプルな方がどんな仕事をしているのかすぐに把握できます。情報をたくさん載せる事によって、すごい人だと思わせて仕事をたくさんもらえると考えている人もいますが、何をしている人なのかすぐに分からないと相手に強い印象を持たせる事ができません。
また色も考えた方が良いでしょう。好きな色で名刺を作る事ができますがベースの色が最適です。黒ベースの名刺を作成する人もいますが、文字の色が限られてしまい、目立たせたい場所を強調できません。白ベースの名刺であれば、目立たせたい部分の色を変えるだけで大きな印象を与える事ができます。目立たせたい情報がありすぎて何色も使ってしまう人もいますが、できれば3色程度にしましょう。3色程度であれば見にくい名刺だと思われる事はかなり少ないです。
慣れていない人にとっては難しい名刺作成ですが、必ず抑えておいた方が良いポイントを把握しているだけでも完成度の高さに差が出ます。工夫をして見やすい名刺を作成するように時間をかけて考えた方が良いでしょう。

Pick UP

TOPICS

TOP